さぽている 

ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ

ブログ内検索 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 
第十の超科学として書かれていたんだっけ……。
放射性廃棄物をガラスの中に封印して、安定した地層で半減期まで保管する計画。
古墳などから発掘される2000年近く前のガラスに割れなどはあっても、ガラスそのものの風化は見られないことに目をつけた、とか。

そんな事書いていますけど、中身はいつも通りおとぎ銃士赤ずきんです。





では本編入ります。

070303-01.jpg

以前川に落ちたジェドはサンドリヨンにまたもや目をつけられ、赤ずきん・ヴァル(カイン)を倒す為に力を貰うことに。

070303-02.jpg

そして赤ずきんたちは10年前にサンドリヨンが封印された地に来ていた。
巨大な石柱に囲まれた水晶があり、周りは植物も多く、決して陰気な雰囲気ではない。
しかしサンドリヨンの魔力により、全ての植物は見た目だけの存在となっていた。

070303-03.jpg

そこに強化されたジェドが現れたが、首に巻かれていたのはナイトメアリアンの首輪。
目的の為とはいえ、狼族としての誇りをも捨ててしまった。

そのまま戦闘になり、湖に落ちかけた草太を助ける為に赤ずきんが手を引くが、水晶の中に見えたマレーンの姿に引きこまれてしまった。
気がつくと周りに石柱はな無く、水晶で出来た湖の畔にいる。
様子から察するに、まだサンドリヨンが封印される前らしい。
ちなみに赤ずきんは初めておとぎ話の世界へと入った。

070303-04.jpg

するとどこからともなく人々が現れ、湖畔にある小さな家を囲っていた。
中からでてきたのは暗黒魔法で悪行三昧のマレーン。

草太が説得を試みようとするが、容赦なく攻撃を仕掛け、庇った赤ずきんが大ダメージ。
草太を護るのが任務である赤ずきんは、護りきれなかった事を悔やみ失神。
更にもう1つの世界から来ていた青年に再会するが、人々を消そうとしたときにかばって消滅してしまった。
そこで「大切な人」を失った事から暗黒魔法を発動し、暫く後に魔女「サンドリヨン」が誕生する。

070303-05.jpg

そしておとぎ話の世界から戻ると、ヴァル・いばら・ハーメルンは苦戦中。
白雪は落ちかけているりんごを引っ張っていた。
手を離すように言うりんごに対して、2人だけの時に誰が草太を護るのか、と言って離さない。

070303-06.jpg

いばらがジェドを足止めした隙にプリンセスモードになるが、おとぎ話の世界で受けたダメージが元で全力を発揮できない。
そして「大切な人」を失いかけた草太は、暗黒魔法を発動した時のマレーンと同じ心境になった。
その気持ちと封印の地に残されている暗黒魔法。
恐らく共鳴して、草太も強大な魔力を発揮した。


070303-07.jpg

力を取り入れようとしたジェドは再び赤ずきんの攻撃を受け消滅。
草太が戻った事を確認して安心しつつ、おとぎ話の世界にサンドリヨンの意図を察知した赤ずきん。
サンドリヨン側も期は熟したと判断。

その刹那、突如多数の鏡が出現し、同時にサンドリヨン城も姿を現した。
そして草太が中に拉致されてしまう……。
草太は中でサンドリヨン、トゥルーデに会い、二人の後ろにある鏡の中に母の姿を垣間見た。




白雪姫と赤ずきん、やっぱり戦う為に生きている感じがしますね。
戦いの中で生き、やがては戦いの中で逝くのでしょうか。

そして予告のあれば…リリカルなのはさん?
スポンサーサイト
2007/03/03 17:12|おとぎ銃士赤ずきんTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://f2abnbase.blog8.fc2.com/tb.php/662-62fd03c6
 

プロフィール 

めや@JsSW34

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事 

カテゴリー 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめのリンク 

  • とんかつ教室
    得意料理は豚のしょうが焼き。

  • Copyright(C) 2006 整備記録 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。