さぽている 

ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ

ブログ内検索 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 
今日の授業で「ブレーンストーミング」を行いました。
簡単に言うと
・他人の意見を否定しない
・どんどん意見を出す
・意見の相乗り大歓迎

という、プロジェクトの初期に行うことが多いものです。
それで今回のお題が「今までに無いアミューズメント施設」というものでした。
適当に作られた班で会議をし、出てきた意見が

・ラピュタ
・ムスカ大佐体験
・タチコマ
・リアルファイトゲーセン
・大気圏観覧車

の5つ。
大気圏観覧車は、地上で乗って大気圏を突破し、再び戻ってくるという直径100kmになる巨大観覧車構想です。
発案者は自分。
これが最も現実的として採用されかけました。
当初は巨大だったのですが、コストや地上の日照権などを考えてサイズダウン。
更に軌道エレベーターの追加や、土星の輪のように地球の輪となる観覧車も考えましたが、それでもラピュタは常にあるのです。

そんな感じでネタ化が進んでいきました。
実現の可否は問わない
という一言が皆を暴走させてしまったようですね。

080625-04.png

という条件だったので、とにかくスケールを無視して企画を練った結果はこんな感じです。
サムネイルをクリックすると元の大きさで表示。
本番ではこれを黒板に書いてもらいつつ発表をしました。


今回もプレゼンを得意とする自分が、途中から交代して発表しました。
途中交代なので台詞も途中から。

内容は続きからどうぞ。

【続き】


この企画の対象ですが、子どもからお年寄りまで幅広い年代の方々を対象としております。
そしてこだわりですが、それはやはりこのラピュタですね。
地上から軌道エレベータで観覧車まで上がり、そこからラピュタへと入ります。
中は上空の微重力を活かした月面体験に、あのマリオのようにゲームのアクションを体験できるコーナーがあります。
また、熱圏の熱を利用した日本人は勿論、外国の方にも喜ばれる「宇宙温泉」というものを用意しました。

この施設を建設するメリットですが、まずは宇宙を身近に安く行ける場所とし、
子供たちにとっての宇宙を身近にして、日本の宇宙産業を支えていける子どもたちが増える事を期待しています。
また、巨大なステーションを維持するための人員で雇用対策も解決できます。



この施設の建設にあたっては、やはり構造物が巨大なので遠心力を利用する為に赤道上に建設します。
その為に○○○○(国名)を潰します。
建設費は100兆ドル(1京円)、労働者数は1億人、人件費は年間300億円と見積もっております。
(1人年間300万円×1億人)

ではここでご質問などがあればどうぞ。


Q、○○○○の人たちはどうするのですか?
A、宇宙施設で働いてもらいます

Q、ムスカ大佐になれますか?
A、アトラクションとしてムスカ大佐の体験が出来るようになっております。
料金に応じて「有名な台詞だけ」「役者さんつきである程度のストーリー」となっております。
また、オプションで「人がゴミのようだ!」も可能です。

Q、「バルス」を唱えるとどうなりますか?
A(最初の発表者)落ちます
A(自分)崩落後の再建設は可能ですが、その際の建設費用はお客様の負担となりますので、くれぐれもご注意ください。
(ここで図に「バルス禁止」と追加される)


…では質問が無いようなので、これにて発表を終わります。
是非お越しくださいませ。



記憶を頼りに再構成したのでどうも内容が思い出せません。
先生からは「非常に魅力的でした」と褒められたのを覚えています。


プレゼンでは話し忘れたのですが、軌道エレベータなどの料金はこの通りに設定しました。
・軌道エレベータ 往復30万円
・ラピュタから高軌道ステーション 7000円(大人) 子どもは半額
・観覧車 400円(大人) 子どもは半額


1番手の発表で最大のインパクトを与えられたとは思います。
ネタに特化したプレゼンは楽しいものでした。
やっぱり人前で話すのは楽しいですね。


ではまた明日。
スポンサーサイト
2008/06/25 22:49|日記TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://f2abnbase.blog8.fc2.com/tb.php/1221-7447a3d3
 

プロフィール 

めや@JsSW34

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事 

カテゴリー 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめのリンク 

  • とんかつ教室
    得意料理は豚のしょうが焼き。

  • Copyright(C) 2006 整備記録 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。